情報ビジネスコースの概要

情報ビジネスコースは、普通科の中でも情報系と商業(ビジネス)系の科目を中心に学ぶコースです。本校では2年次以降に編制され、情報に関する高度な知識や将来の職業に活かせるビジネス技能を学び、多くの実習を行います
● 授業
実習が多く、専門的な内容を学べます。確かな実力を身に付けます。また、情報系の四年制大学への進学にも対応できる教育課程を編成し、大学進学もサポートします。
● 他校種との連携(大学、専門学校との連携)
実際に大学に行き、高度な授業を体験させてもらいます。
また、専門学校の先生に来ていただき、コンピュータの授業を体験できます。
● 資格・検定
商業系・情報系の多くの資格を取得することができます。

授業

1年
普通コースと同じく、「社会と情報」という科目で情報の基礎を学びます。
2年
情報ビジネスコースとして、週7時間、専門科目を学びます。専門科目は、2年次に「情報の科学」(週3時間)を全員必修とし、商業「情報処理」、または情報「情報の表現と管理」(各週4時間)のいずれかを学びます。
3年
「課題研究」(週3時間)を全員必修とし、商業「ビジネス情報」、または情報「アルゴリズムとプログラム」(各週4時間)のいずれかを学びます。

専門科目選択の流れ

情報ビジネスコース 30年度入学生用教育課程

高大連携授業(2・3年生)

大学を訪問し、大学の高度な設備を利用した実習を体験したり、専門学校の先生による出張講義を受けることができます。

<平成30年度実施内容>
●愛知工科大学
「プログラミング演習」
「3DCGの基礎を理解しよう」
●トライデントコンピュータ専門学校
「ゼロからのHTML、CSS」
「人気ゲーム会社のWebサイトをHTMLとCSSで再現」

資格・検定

商業系・情報系の資格・検定の取得ができます。多くの検定を本校で受検することができます。また、授業でしっかり合格へのサポートをします。資格を取得することで進学や就職につなげます。
<取得可能な資格・検定>
●毎日パソコン入力コンクール(和文・英文)
●P検(ICTプロフィシエンシー協会)
●全商情報処理検定試験
●ITパスポート試験(国家資格)
※ITパスポート試験は校外受験です
ITパスポート試験合格者の声
私が IT パスポートに合格するためにしたことは、同じ部活の友達や先生の経験などを聞くことです。そうすることで、自分の知識がとても狭い範囲のものだと知ることができ、同時にもっと大きなものを学びたいというやる気が湧いてきました。大学で取得を目指すような資格なので、進学や就職に有利だと思います。

過去4年間の卒業生の主な進路先

先輩の声

■タイピングが苦手でも 3 年間の積み重ねで努力次第で画面を見ずに速く字を打てるようになります。P 検や表計算ソフトを使った検定、タイピングの検定などがあり、たくさんの資格で就職や進学に役に立ちます。
■パソコン実習の授業が多く、様々なソフトウェアを使い、資格を取るために勉強します。資格は情報処理検定、P 検、毎日パソコンなどがあります。資格を多く取得し、進路を有利にしたい人におすすめです。