一色高校定時制について About Isshiki Teiji

一色高校定時制には、多くの出会い、発見、そして成長の場があります。
一色高校定時制では多くの生徒が、働きながら学校に通っています。

毎日夕方5時頃になると、給食室では教員と生徒がいろいろな話をしながら、温かい給食を食べます。5時45分に教室でST(連絡)があり、5時50分から1時間目の授業が始まります。45分間の授業は、スライドやイラストを使ったり、基本的な問題から発展的な問題へつなげたりと、生徒のペースに合わせて行われます。

外国にルーツを持つ生徒も多く学んでいます。現在はフィリピン、ブラジル、ベトナム、インドネシア、ペルー、中国にルーツを持つ生徒が在籍しています。休み時間は、色々な言語が飛び交い、とてもにぎやかです。授業では、プリントに読み仮名をふったり、簡単な日本語に言いかえたりと、生徒が学びやすいように工夫がしてあります。一色高校定時制は、異なる言語や文化を共有することで、全ての生徒が互いを思いやる姿勢を学び、仲間として尊重し合い、共に成長することを期待しています。

5月には、1年生の校外学習があります。6月の定期考査前には、授業後に自主学習に取り組む生徒の姿が見られます。また、スポーツ大会、体育大会、ナイトフェスタ(文化祭)、卒業生を送る会など、多くの行事があります。どの行事でも、生徒が中心となり、アイデアを出し合い、協力して取り組んでいます。

部活動ではバドミントン部、柔道部、剣道部、ボランティア部、多文化共生部が活動しています。授業後の活動のため、時間は短いですが、それぞれの目標に向かって楽しみながら活動しています。

生徒の中には、通信教育などを利用しながら、3年間で卒業する人もいます。また、4年間の総合の授業を通じて、自分の現在のあり方を振り返り、将来について考える機会を設けています。

一色高校定時制は、生徒が自分でよく考え、学び、卒業後の人生へのよりよい船出ができるよう、4年間を通じ、継続的に支援していきます。

定時制行事レポート School Life in Isshiki Teiji

修学旅行に行ってきました School Trip to Okinawa

●2月6日(水)から8日(金)まで、3年生は沖縄へ修学旅行へ行きました。1日目はひめゆりの塔、沖縄平和祈念公園を訪問しました。2日目は美ら海水族館、沖縄フルーツらんど、アメリカンビレッジ、3日目は首里城を見学しました。沖縄の歴史を感じ、友人たちとふれあい、価値ある修学旅行となりました。 From…

ライフサイクルゲームで消費者教育を学ぶ! Learning consumer education through the life cycle game

●2月8日(金)、2年生の「家庭総合」の授業で、「ライフサイクルゲーム」を活用して、自立した消費者となるための学習をしました。 ●これは、人生における、様々なライフイベント(就職、結婚、子どもの誕生、住宅取得)を迎えるにあたって、発生しうるリスクや、消費者被害にあったりして、その対応策を「すごろく形式」で学ぶものです。 ●各グループでは、「保険に入っておけばよかった」、「マイホームにはリフォームが必要」など、思いがけない出費があることに気付き、生徒たちはお互いに、意見を出し合い、活発に取り組んでいました。 On…

黒壁ボランティアに参加しました Volunteer work in Sakushima

●2月3日(日)、佐久島で行われた黒壁ボランティアに参加しました。黒壁ボランティアは、佐久島の黒壁の家並みを守るために毎年行われているボランティア活動で、本校の生徒も毎年参加しています。 ●今年は、ヤギ小屋前のベンチとヤギ小屋を塗る作業を行いました。約2時間の間、生徒たちは丁寧に作業を行い、きれいに仕上げることができました。 On…

3年生 キャリアガイダンス Career Guidance for 3rd graders

●1月30日(水)、3年生対象のキャリアガイダンスを行いました。建設会社より3名の講師をお招きしました。なぜこの仕事を選んだのか、仕事のおもしろさや事業内容について詳しく話していただき、生徒たちにとって今後の進路選択の参考になったと思います。 On…

百人一首大会! Hyakunin Isshu!

●1月28日(月)、1年生のHRでは、礼法室で2クラス合同の百人一首大会を行いました。2クラスの生徒同士が協力してカードを取り合い、とても白熱した試合が繰り広げられていました。 On…

中学生学校説明会 School Tour for Chugakusei

●1月25日(金)、中学生のための 学校説明会を…

フルーツバスケット♥ Fruits Basket ♥

●1月21日(月)、1年生のHRではレクリエーションをしました。定時制では1年生は2クラスに分かれますが、2年生になると合同のクラスになります。小さなクラスからいきなり大きなクラスに入り、とまどいを感じる生徒もいるため、1年生のうちから様々な行事を通じて、2つのクラスが一緒に過ごす機会を設けています。 ●今回は「フルーツバスケット」を行いました。生徒たちはとても楽しそうに参加していて、リラックスしたひとときを過ごしていました。 On…

日本語能力試験(JLPT)の説明会 Briefing about JLPT

●1月18日(金)、授業後に外国籍生徒のための日本語能力試験(JLPT)説明会を行いました。事前に生徒に実施した日本語能力に関するアンケート結果を示しながら、日本で生活するために、日本語能力がとても大切であるという話をしました。 ●日本と自分の国、両方の言語と文化を共有できる生徒たちは、今後の日本にとって、必要不可欠な存在です。日本語能力を高め、証明するために日本語能力試験はよい機会となるでしょう。ぜひ挑戦してほしいです。 日本語能力試験公式サイト https://www.jlpt.jp/ On…

大切なものは 何ですか? What's your precious things?

●1月17日(木)、薬物乱用防止講座を行いました。薬物は、どんなきっかけで近づいてくるかわかりません。大切な人や自分の将来を考えて、断る勇気をもつことが大切ですね。 On…

教育課程(2018年入学生の場合)Curriculum

※1 上記以外に、各学年でHRが1単位
※2 通信制高校や高卒認定試験で単位を取得し、3年間で卒業することも可能です。

2018年度 生徒数一覧(2018年5月1日現在) Number of Students

 男子女子合計
1年生191029
2年生241337
3年生24630
4年生6410
合計7333106

日課表 Timetable

時限時間
給  食17:00~17:40
ST17:45~17:50
第1時限17:50~18:35
第2時限18:40~19:25
第3時限19:30~20:15
第4時限20:20~21:05
ST21:05~
部活動  ~21:45

生徒募集概要 Entrance Examination Information

生徒募集概要(平成31年度 入学検査)はコチラです。

定時制に通う生徒の声 Voice of Students

【 P: from Indonesia】
Saya memiliki kekurangan dalam bahasa jepang saya. Sebelum masuk Isshiki Teijisei, saya hanya memiliki waktu 8 bulan untuk mempelajari bahasa Jepang. Tetapi tidak menutupi kemungkinan untuk saya belajar dan bertumbuh di sekolah ini. Sekolah ini menyediakan interpreter bahasa Jepang ke bahasa Inggris yang biasanya datang sebelum masa ulangan, sehingga sangat membantu saya mempersiapkan ujian. Guru-guru disini sangat baik dan mau mengerti setiap kekurangan para siswa. Para guru juga memberikan furigana untuk kanji yang sulit. Dalam hal pertemanan, saya memiliki banyak teman dari Filipin, sehingga kami bisa berkomunikasi dalam bahasa Inggris maupun bahasa Jepang. Sekolah dilakukan selama 4 tahun, sehingga sangat berguna untuk saya mempertimbangkan masa depan setelah lulus.

【 Pさん:インドネシア出身】
私は日本語がまだあまり上手ではありません。一色高校に入る前は、日本に来て8ヶ月しか日本語を勉強していませんでした。今でも、この学校で勉強して成長するためには、まだ日本語の能力がたりません。でも、学校では英語を話す語学指導員が入るので、とくに考査前にはそのための準備ができます。ここの先生たちは本当に親切で、私たちのがんばりを理解しようとしてくれます。また、先生たちは難しい漢字にはふりがなをふってくれます。友達については、私には多くのフィリピンの友達がいるので、英語か日本語でコミュニケーションをとっています。学校を卒業するまで4年あるので、卒業後の計画をじっくりと考える時間もあります。

【Kくん:日本出身】
僕は定時制に入り、変わったことがいくつもあります。まず1つ目は、全日制の学校と違い、時間があるということです。僕は昼間働いていますが、最初は仕事をすることが初めての経験だったので、とても大変だったのを覚えています。でもすぐに慣れ、仕事も楽しく感じるようになりました。2つ目はいろいろな人と友達になれたことです。日本人の子はもちろん、フィリピンやブラジルの子とも仲良くなれて、毎日学校に行くのが楽しみになりました。これからも、勉強に励み、友達と楽しく学校生活を送りたいと思います。

【Oくん:日本出身】
僕は過年度生として一色高校定時制に入学しました。年齢は他の生徒と一回り以上違います。でもみんな同年代の友達のように親しく接してくれ、寂しいと感じることはありません。部活動では中学校から始めた柔道を続けています。良い仲間と先生に恵まれて、大会で結果を残すこともできました。一度社会に出た人でも、勉強や部活動をがんばれば、がんばった分だけ結果がついてくるので、毎日が楽しいです。先生方も優しいし、冗談も通じるし、色々な話で盛り上がることができるので、とてもおもしろいです。

【V: from the Philippines】
A lot of foreign students are really troubled with learning Japanese language and other respective subjects at the same time. It is really a good help for us that our teachers are able to cope up with our problem which is the language barrier.
When I was in my junior year, it was indeed a big adjustment for me because I was determined to get high scores in our test but I really challenged with the fact that I could not understand what they were saying. I had to translate every detail that was written in our notebooks and memorized the kanji. Our teachers helped us by explaining things using simple Japanese words, we also had our Japanese classes once a week in the Sougou classes. Also, we had interpreters(language supporters) who usually came to our class and explained the lessons for us to understand easily.
With their help, we were able to learn Japanese language and our respective subjects at the same time. I do believe that our school’s environment really affects our performance as a student.

【Vさん:フィリピン出身】
多くの外国籍生徒にとって、日本語と専門教科を同時に勉強しなくてはいけないことは、とても大変なことです。私たちにとって、言語の障壁という問題に先生方が対処してくれることは本当に良い助けとなっています。
私が1年生の時は、この環境に適応していくことはとても大変でした。テストで高い点数が取りたかったのに、先生たちが言っていることが理解できないという現実に直面していたからです。私はノートに書いてあるあらゆることを自分の言語に翻訳し、さらに漢字を覚えなくてはなりませんでした。先生たちは簡単な日本語を使って説明して助けてくれました。また、週1回の総合の授業では日本語を学ぶ授業を受けることもできました。また、授業に入って授業内容をわかりやすく説明してくれる語学支援員もいました。
そうした支援を受け、私たちは日本語と教科を同時に学ぶことができたのです。私は、学校の環境は生徒の成績や業績に大きく影響すると強く思います。

【Tさん:中国出身】
这个学校的定时制让我最喜欢的就是老师。这儿的老师特别负责任。有一次我找工作,跟班主任说了,班主任就帮我找我想找的工作,帮我打电话。后来因为我日语不好,没成功。但是老师一直帮我找。
而且这个学校的学生人也都很好,也许可能是我比较招人喜欢的关系吧!哈哈哈。每周的周五,都会来一个中国老师陪我一起上课,所有不会的问题都可以问老师。而且只要你没听懂,老师都会一直给你讲。体育课也会学到好多中国学不到的运动。对了,周五还有日语课哦!其实能来这个定时制,我确实很开心。就酱BYE!

【Tさん:中国出身】
この定時制高校の一番好きな所は先生です。この学校の先生は、とても責任感が強いです。私はアルバイトをしようと思って、担任の先生と相談したら、先生は私に合うようなバイトを紹介してくれました。そしてアルバイト先と連絡を取ってくれました。その後、私は面接を受けましたが、日本語が上手にできなくて、落ちてしまいました。でも先生は私のためにバイトを探し続けてくれました。
この学校の生徒たちは私に対して優しいです。なぜなら、私は可愛らしいですから。冗談、冗談www。毎週金曜日、中国人の語学指導員の先生は、私の授業に付き添ってくれます。分からない問題を、その先生に聞くと、分かるまで教えてくれました。また、体育では中国で学べないスポーツをたくさん学べました。そうそう、金曜日に取り出し日本語授業もあります。この定時制に来られて、とても嬉しく思っています。以上!